グレートマザーカード

グレートマザーカードとは

グレートマザーカードとは

「この色をみて、あなたは何をイメージする?」

自分の感じたこと、色から受けたイメージなどを膨らませ、あなたの心の声を色彩に投影し、「自分の気持ち」を掘り起こしていきます。

ひとは、もともと豊かな心をもっていますが、置かれた環境や、忙しい毎日の生活で自分の心をゆっくり見つめることができず、「私は、本当はどうしたいのか?」「私は今、なにを感じているのだろうか?」本来であれば、見つけられる答えもみつからなくなってしまいます。

カラーキューブセラピーは、普段の生活の中で、言葉にすることができなかったことや、思い、本当の気持ちを、あなたの心から、なめらかに拾い上げ、救い出してくれます。
そうして、あなたがもっているありのままの魅力を、取り戻すことができるのです。

心は、しまっておくものではありません。

カラーキューブは、光が通るとキラキラときれい。
幼いころの「つみき遊び」のように、自由に積んだり、組み合せたり、ゆっくり触れ合う時間を過ごすことで、自分自身と深く繋がり、豊かな心を引き出すことができる、こころのあそび道具です。
セッションは、お友達とおしゃべりしている感覚で、楽しく進みます。

すべての色彩を和名で表現し、日本人の和のこころを大切にしています。
色彩と心理学を併せ持つ、カラフルで綺麗なカウンセリングツールです。

心は、しまっておくものではありません。

カラーキューブは、光が通るとキラキラときれい。
幼いころの「つみき遊び」のように、自由に積んだり、組み合せたり、ゆっくり触れ合う時間を過ごすことで、自分自身と深く繋がり、豊かな心を引き出すことができる、こころのあそび道具です。
セッションは、お友達とおしゃべりしている感覚で、楽しく進みます。

すべての色彩を和名で表現し、日本人の和のこころを大切にしています。
色彩と心理学を併せ持つ、カラフルで綺麗なカウンセリングツールです。

グレートマザーカード

たった10色で、本当に「自分の内にある答え」が分かるのか?

カラーキューブセラピーは、10色のみのカラーキューブを用いてセッションを行います。
たった10色ですので、簡易的な色彩イメージ療法に考えられがちですが、例えば、2色の組合わせを5セット作り並べるだでも3,628,800通り以上のパターンがあります。
そこに自分が感じている色のイメージや、意味づけを行っていきますので、誰一人として同じセッション結果になることはありません。まさに“十人十色”。
セッション方法も10種類以上ありますことから、ひとりひとりの可能性を限りなく引き出すことが期待できます。

自分の感情を色彩に投影し、引き出す「イメージ療法」です。
「もやもや」してどう言葉にしていいのか分からないとき、どこから手をつけてよいのか分からない悩みのとき、疲れすぎてもう何も考えられないときなどに、カンタンに、ラクに、そしてシンプルに、自分の気持ちを整理することに有効な方法です。

臨床現場では、老若男女、誰にでもあそび感覚で使えるツールとなっております。
特に、子供や高齢者、ことばの障害など「本人がうまく言語化できないケース」や、臨床心理の「心のケア」などに有効で、臨床医療現場にも導入されました。

カラーキューブセラピーの背景には「ありのままの自分で、今を生きる」という哲学理論が、開発基盤としてあります。
色彩を和名で表記したりなど、日本人ならではの優しさ、細やかさ、そしてなつかしい自分を取り戻せる愛いっぱいのセラピーです。

「セラピストが、クライアントの話をきく」
これは、カウンセリングとして当たり前のことです。
しかし現状では、自分の持っている知識を一方的に話し、マニュアル通りの意見を押しつけてしまうセラピーが多いという話を耳にすることがあります。
私たちのセッションでは、ひとりひとりの個性を尊重することからはじまります。
人生の主人公である自分自身に寄り添いながら、ひとりひとりの人生観や価値観を発見することによって、幸せのベースづくりをいたします。

お問い合わせ

下記のフォームに記入して「確定」ボタンをクリックしてください(※は必須項目)