現世療法GMC Lesson.3 感謝筋をトコトン鍛える

感謝筋をトコトン鍛える 感謝筋をトコトン鍛えるイメージ画像

今よりはるかに悩みが多かった頃。 「自分が恵まれていると思う理由を500個書きなさい」と、 現世療法セッションでアドバイスをもらいました。

書いてみようと思ったけど、500個ってけっこうな数ですよね。

それだけたくさん書くにはどうすればいいかな・・ と考えてから書いた1個目は、「右手の親指が動かせる」でした。 それだと、手も足も数えたら、とりあえず20個はクリアできるから。

でもほんとに500個も書けるかな?と思っていたのですが、気がついたら書けてました。

身体が動かせる、五感で感じられる、感情がある、今の自分を作っている体験、

周りに居てくれる人、今まで出会ってきた本や音楽・・。

書く前の私と書いた後の私。環境や生活の条件は、何も変わっていないはず。

でも、何も変わっていないはずのこの状況から500個の恵みを見つけ出すことで、

自分がいかに幸せなのかを実感することができました。

ありがたいな〜って思うと、幸せ〜って気持ちがじんわり湧いてきます。

感謝と幸せってけっこう重なってる気がします。

そして、感謝できることの数は、条件的に恵まれているほど増えるわけではなく、

たくさん見つけようとするから増えていく。

つまり、感謝する力(感謝筋)を鍛えるほど幸せが増えていくわけです。

「私は幸せ。恵まれている。」

その思いは、「私は守られている。愛されている。」という安心感にもつながっていきます。

そうすると自分の芯が安定するから、周りの状況に簡単に振り回されなくなります。

悩み苦しむことが減るし、幸せを感じることにたくさん出会えるようになってきます。

内面から発散される安心感に、魅力を感じて近づいてきてくれる人も現れます。

そんな良い循環を生む感謝筋の鍛え方は。

幸せに照準をあわせるべく、少しワクワクしながら目を凝らす。

1回見つけると、要領がわかってきてどんどん見つかる。

・・四つ葉のクローバー探しに、似てるのかもしれません。

いかがでしたか?“手のひらサイズのカウンセラー”GMCを、私達と一緒に学んでみませんか?
GMC講座のご案内
白うさこ先生プロフィールへ